TOP 事例一覧 公共マリーナの民営化・収益化

2014年に公共マリーナの民営化を行い、収益化・黒字化を達成した「大阪北港マリーナ」

CASE
公共マリーナの民営化・収益化

艇の管理業務だけをマリーナ基盤事業とした今までの公営ハーバーの運営から脱却し、民間集客施設として転換をおこないました

2014年、大阪市営の大阪北港ヨットハーバーが日本で初めて完全民営化が行われ、ビードがその再生と運営を行い、 赤字体質のヨットハーバーを短期間で黒字化させました。これは、艇の管理業務だけをマリーナ基盤事業とした今までの公営ハーバーの運営から脱却し、 民間集客施設として転換したことが大きな要因です。今後もマリーナの基盤事業の改善のみならず「集客施設」として開発事業を進めていき、 「大阪北港マリーナ」を関西を代表するマリンリゾートへと成長をさせてまいります。

収入構成を変更し、飲食店・セーリング用品の物販・宿泊施設・クルーザー宿泊施設などを展開し、ウェディング、パーティー、イベントなどの集客力の高いイベント誘致を行っています。

マリーナ収入構成変更で増収
従来の契約オーナーに依存しない事業

大阪北港マリーナが持つ広い敷地を活用し「飲食店・セーリング用品の物販・宿泊施設・クルーザーによる船上宿泊施設」などのコンテンツを展開、事業化していきました。そして、 ウェディング、パーティー、イベントなどの集客力の高いイベント誘致も積極的に行い、収入増加につなげています。

コストの最適化と集客の強化をおこない、マリーナ管理システムとWEB予約管理の運用を開始し、一部の管理業務の一元化も実施しました。

コストの最適化と集客の強化
管理業から集客業への転換・効率的な運営によるコスト削減

マリーナの常識である艇の管理業から「集客施設の運営業務」への意識改革を行いました。 人的コストを減らすために、マリーナ管理システムとWEB予約管理の運用を開始し、一部の管理業務の一元化も実施しました。その結果、効率の良い集客と業務改善を行っています。

施設の一部改修を行い、「空きスペースの有効活用」による集客と新規事業を実施。空きスペースでは、テナント募集や、宿泊施設・ドミトリーの運営を行い新規収入を得ています

効率的な施設改修と有効活用
空きスペースの有効活用による新規収入

老朽化した施設の一部改修を行い、「空きスペースの有効活用」による集客と新規事業を実施しました。 コンテナ・トレーラーハウスを活用した空きスペースでは、テナント募集や、宿泊施設・ドミトリーの運営を行いました。 他にも、スロープのビジター利用、ヨット以外の艇の乗り入れ、ビジター桟橋の有効活用などの空きスペースも活用していき、新規収入を獲得しています。

Scheme

広い敷地を有効活用した、大型イベント、パーティー、ウェディングの誘致

イベントなどの誘致

広い敷地を有効活用した、大型イベント、パーティー、ウェディングの誘致を行っています。

マリーナに係留するクルーザーに泊まることのできる船上宿泊を開始

船上宿泊事業の開始

マリーナに係留するクルーザーに泊まることのできる船上宿泊を開始しました。

マリーナの一部の管理業務の一元化を実施し、業務改善を行いました。

管理の一部一元管理

マリーナの一部の管理業務の一元化を実施し、業務改善を行いました。

マリーナ管理システムとWEB予約管理の運用を開始し、マーケティングの強化を実施。

WEBマーケティングの強化

マリーナ管理システムとWEB予約管理の運用を開始し、マーケティングの強化を実施。

マリーナ内にコンテナカフェを開業し、昔有名だったヘミングウェイを復活させました。

コンテナカフェの開業

マリーナ内にコンテナカフェを開業し、昔有名だったヘミングウェイを復活させました。

コンテナの空きスペースを利用し、女性専用のゲストハウスを開業しました。

簡易宿泊施設の開業

コンテナの空きスペースを利用し、女性専用のゲストハウスを開業しました。
完成日 2014年4月
所在地 大阪北港マリーナ
〒554-0052 大阪府大阪市此花区常吉2-13-18
Google Maps
パートナー 大阪市
大阪海洋スポーツ振興協会
担当工程 企画・開発/ディレクション/ブランディング
CONTACT
ご発注、協働のご依頼、事業内容のお問い合わせはこちら
事業の相談をする