TOP 事例一覧 都市港湾内の海面利用と施設の再生

湘南・江ノ島の長期間空き海際テナントの有効活用し、活性化させたマリーナ「ちょっとヨットビーチマリーナ江の島」

CASE
都市港湾内の海面利用と施設の再生

マリーナ内に飲食店・マリンスポーツショップ・レンタルスペースをつくり、またビーチを利用し、大会の開催をおこないました。

2018年、横浜みなとみらいの海上にありながら、その特徴を活かしきれずにいた横浜港ボートパークの施設再生をビードが行いました。
「日本一都会にあるマリーナリゾート」をコンセプトのもと、みなとみらいという立地と海上にあるという強味を活かした新規サービスや事業を展開しています。 横浜港ボートパークでは、SUP、ボート、船上バーベキューなどによる都心にある海と港の楽しみ方よ癒しの提供による新しいライフスタイルの発信を行っていきます。

カフェなどの飲食店・マリンスポーツショップ・艇庫・レンタルスペースなどを運営し、マリンレジャー複合施設へ

施設再生と有効活用
独自コンセプトとノウハウで大幅リニューアル

横浜の中心地でしかも海上にありながら、その特徴を活かしきれなかった本施設の大幅リニューアルを行い、本施設の可能性を最大限に活かす為のコンセプト作り、 施設再生を行いました。

ジュニアヨットクラブの企画誘致やカフェの開業などマリンコンテンツの強化を行いました

立地を活かしたコンテンツの強化
みなとみらいの海上という強み

横浜みなとみらいの海上というロケーションを活かし、海上カフェ、SUPスクール、ロケーション抜群の屋外海上バーベキューなどのコンテンツを展開し、新しい人の流れを創出しました。

完成日 2018年5月
所在地 横浜港ボートパーク
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1
Google Maps
パートナー 横浜海洋教育スポーツ振興協会
Chotto Yokohama株式会社
担当工程 企画・開発/ディレクション/ブランディング
CONTACT
ご発注、協働のご依頼、事業内容のお問い合わせはこちら
事業の相談をする